小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

最近観た映画3本

『ビリーブ 未来への大逆転』
超面白かった。アメリカで史上初の男女平等裁判を起こした弁護士ルース・ギンズバーグの苦労や葛藤を描いた作品。120分のうち90分ぐらい泣いちゃってたよ。主人公の娘が、雨の中で工事現場のおじさんに言い返すシーンが痛快。最高。


『ブラック・クランズマン』
超面白かった。扱っているテーマは、今年アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『グリーンブック』と同じく人種差別。『ブラック・クランズマン』は、スパイク・リー監督本人が身を削りながら作っていたんじゃないかと感じるほど、人種差別を受けてきた人たちの痛みや辛さが生々しかった。『グリーンブック』も素晴らしくて大好きな作品だけど、それよりも踏み込んでる描写が多い。だからこそ、最優秀作品賞が発表されたときに、リー監督が席を立った(無言の抗議)というエピソードも腑に落ちる。

↑切ないシーンでかかるカッコイイ曲。


マネー・ショート 華麗なる大逆転
ちょっと古い作品。超面白かった。Amazonプライム・ビデオで観た。先ほどの『ビリーブ』に続いてまた「大逆転」……。
サブプライムローンなどの債務不履行を扱った話なので、出てくる単語が難しく、いちいち停止してググりながら観た。映画館で観てたら内容を理解できなかったと思う。
全体的にコメディタッチなせいかシリアスなシーンが印象に残る。強かな役のライアン・ゴズリングもかっこいい。最後「水!?!?」ってなるので観てみてほしい。

最近観た映画3本

『シンプル・フェイバー』
超おもしろかった。『ゴーン・ガール』と『search』を合わせたような上質なサスペンスミステリー。笑えるところもあり重過ぎない雰囲気が良いなぁと思って鑑賞後に調べてみたら、監督は『SPY』と同じ人で納得。
あと、ヘンリー・ゴールディングは礼儀正しい金持ちの役が似合う。かっこいー。


『ビール・ストリートの恋人たち』
超よかった。ずっと公開を楽しみにしててやっと観れた。バリー・ジェンキンス監督の作品って地球でいちばんオシャレでカッコいいとわたしは思う。セリフも演出も音楽も洒落ていて粋。

Eden (Harlem)

Eden (Harlem)

↑この曲好きすぎる。。。


『ブルックリン』
面白かった。これは映画館ではなくAmazonプライム・ビデオで観た。
主人公が抱く、地元と都会に対する気持ちに共感しまくった。どちらがいいとかじゃなくて、両方に好きなところとイヤなところがあるんだよね。
主演は『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンで、雰囲気が全然ちがうけど、揺れ動く心情を持つ女の子の役が似合う。かわいー。

家で仕事をしてみて思うこと


今年から、家で仕事をするようになりました。
通勤が無くなって良いとか、あまり動かなくなるとか、そういう変化は予想できていました。
今日は、予想外の変化や、「へぇ」と思ったことなどを書きたいと思います。

・「さぁ働くぞ」って気持ちを切り替えて仕事をするのではなく、料理洗濯や身支度や入浴などと同列に「仕事」がある感じになった。
「常にオン」というのではなく、そもそも「オン・オフ」という考え方がなくなった。自然と生活のなかに溶け込んでる。

・明日やればいいことは明日やるようになった。その日のtodoが終わったら、もうおしまい。

・これについてはわたしの仕事内容が少し変わったせいかもしれませんが、会社に通ってたときは細かくてすぐ終わるタスクがたくさんあった。そのため、とてもせわしなかった。
今は、大きなタスクが1日に1〜2つあるという感じ。
働いている時間は以前と同じでも、「あれもこれも」じゃなくてひとつのことにじっくり取り組むので、気持ちに余裕がある。

・電話が便利だと思うようになった。ここ4〜5年はメールやメッセンジャーでのやり取りが主で「電話は相手の時間を奪うもの」という文化のところにいたのですが、再び電話文化に戻ってきたら、やっぱり電話が便利だと思うようになり、自らかけることも多い。

・意外と外出の機会が多い。打ち合わせとか取材とか。

・昼ごはんって15〜30分ぐらいで食べ終わるので、別に昼休憩を毎日1時間ずつ取らなくてもいいのでは?と思う。サクッと食べてすぐ仕事して早く終わらせて帰るとか、会社でもできたらいいよね。

・服にまったく迷わない。毎日会う人が違うから、いつも似たような服でもよくなった。
最近はシチュエーションごとにパターン化しつつある(かための取材、軽い打ち合わせ、飲み会など)……。

以上です。
今は余裕を持って週5ぐらいの感じで仕事を入れて、スケジュールがずれ込んだりしても平日夜や土日を使えば全然カバーできるってぐらいのボリュームで働いています。
気持ちに余裕があるので毎日機嫌がいいです。もうちょっと増やしてもいいかな、ぐらい。

依頼が途切れたらまた売り込みを頑張ろう。
将来の不安はなぜかあんまりありません……。

最近観た映画4本

『グリーンブック』
超面白かった。ドクター・シャーリーが笑顔になるたびうれしくて泣きそうになった。マハーシャラ・アリは『ムーンライト』で大好きになって『ドリーム』でもまた好きになり、本作もすごい良かった。インスタまでフォローしたよ。

ファースト・マン
面白かった。宇宙こわい。月に行けたとき、嬉しさよりも切なさが勝った。主人公の奥さんが魅力的。終わり方も好きな感じだった。

『バーニング 劇場版』
雰囲気がよかった。映像もきれい。
村上春樹の原作は短編だからああいう不思議なオチでも余韻になって良いのだと思うけど、映画になって2時間以上引っ張るのはちょっと長いと感じた。

『サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所』
面白かった。主人公の男の子がきれい。サタデーチャーチの雰囲気が素敵すぎる。

Blue Skies

Blue Skies

ちゃんと休んだ日

仕事が立て込んできたので、休みの日にちゃんと休んだ。

近所の美術館に行き、アフリカのアートを見たり。
スーパーに行って、ほぼ作ったことのないハヤシライスの材料を買い、レシピ通りに作ってみたり。
近所の映画館に行って映画を観たり。

穏やかな毎日。ネコは撫でるといつもあたたかい。
昨日、年末ぶりに友達に会ったら、わたしの肌ツヤがやたら良いというだけで爆笑されて、なんか楽しかった。

今月からガチで働き始めたけど、「清濁併せ呑んでもいい」という気分にはなれず、必要に迫られるまでは清の部分だけ呑んでいよう。

機嫌の良い日々が、なるべく長く続くといいなー。

エンデュランスに興味アリ


先日、友達の誕生日祝いに馬に乗ってきました。
「何が欲しい?」と聞いたら、「馬に乗りたい」と返ってきたのです。

馬はめちゃくちゃ可愛くて、乗馬は楽しく、癒されました。
友達も楽しかったようで良かったです。

乗馬後にインストラクターさんと会話をして、「エンデュランス」という競技があることを知りました。
エンデュランスとは、簡単に言うと、トレイルランニングの乗馬バージョン。
馬に乗って、山を長距離走ります。

わたしは自然も動物も好きなので、そんな競技があると聞いて、かなりときめきました。

インストラクターの人に詳細を聞いたり、帰宅してググりまくったりしました。
それで、調べた結果、かなりお金がかかることが判明。
乗馬って金持ちの習い事なのか……。

しかし、年二回の海外旅行をやめればいいのでは? という意見がわたしの脳内会議で出ました。
つい最近スリランカに行ったばかりなので、半年後ぐらいに、海外旅行をするかエンデュランスをはじめるかを決めようかな……と思っています。

会社のホームページをつくろうかな

「必要になったらつくればいいや」と思っていましたが、今が必要なときのような気がしてきました。

テスト前に「ぜんぜん勉強してないよ〜」と言う学生のように、「ぜんぜん働いてないよ〜」と言いつつ少しずつ売り込みをはじめてみました。
その際に、ワードで書いた経歴や実績を、事前にメールで送ったり、面会時に印刷して持って行ったりしています。
しかし、これ、ホームページがあればURLを貼り付けるだけでいいし、先方の社内や部署内で共有してもらいやすいのでは? と思いました。

そんなわけで、会社を設立して3年も経って、ようやくホームページをつくろうかな……と思うに至ったわけです。
今のところ、URLを知ってる人だけが見られればいいという感じ。
なので、まぁ、あまり知識もないし、SEO対策とかは考えずに作る予定です。

面倒くさいけど、ハードルを下げて頑張ろう〜。


写真は本文と関係なく、このあいだ訪れた赤坂見附の洋食屋さん「河鹿」のポークカツレツ。