小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

アクセス数の多い記事

アフリカ、カンボジア、ヨーロッパ旅行の日記
2015/ディープな沖縄ー栄町編 - 小日記
2014/食べるの大好き - 小日記
2014/時間の話 - 小日記
2014/教会に行ってみた - 小日記
2014/4/21 ブルーは熱い色 - 小日記
2013/5/3 ミュシャ - 小日記
2013/マラソン用ベストCD - 小日記
2013/インド旅行の持ち物リスト - 小日記
2012/5/5 東京 - 小日記

おうち決めました

お家賃7万9000円です。

この値段についての不安を、徒然なるままに書こうと思います。


「ぎゃー高い! 高すぎて震える!」
と思ってしまうのですが、都内でネコ可物件でもろもろの条件を合わせると、そんなもんみたいです。

今までずっと人と住んでたので、お家賃月5〜6万ってとこだったんですよ。
だから飛び上がるほど高く感じる。

現状からざっくり見通しを立てると、収入的に最低2年は住めるだろう……という感じで、ええいままよ。
健康であることが大前提ですけどね。病気になれないよ(泣)

「もっと頑張って稼ぐぞ〜!」という気持ちになれないのは、いま自分は最高値を付けてもらってる気がするし、そのため全方位に全力を尽くしているのでこれ以上どうしようもないというか。
もっと稼ぐには方法変えないと無理と思ってて……。今やってるようなことが好きで続けていきたいし、それなら時間単価を上げていくしか方法ないし、それも難しいし。
現状維持できるかどうかも自分で決められることじゃなかったりするし。

キリキリと貯金しよう。払えなくなったら引っ越せばいっか。
ヤバくなったら、会社を畳んで個人事業主に戻り、月収24万円を住めるデッドラインに設定して最悪そこまでなら落として大丈夫。つまり年収300万を切っても大丈夫、と考えるとなんとかなりそうな気がしてくる。

猫は、もう本当にどうしようもなくなったら、実家に預けよう。
自分の倫理観の範囲で逃げ道があると思っておくと、心がラクだな。


……ま、グダグダ考えても仕方ないか。
いい感じの素敵なお部屋に住んでみたいわけだし。猫飼いたいし。
あとわたし運が強いから、家賃と猫のプレッシャーによって、何か良い話が舞い込んだときに掴み損ねない気がする! 謎のポジティブ。

一度きりの人生(おおげさ)!


これは昨日食べたカツ丼の写真です。

物件さがし中

引っ越すので、物件をさがしています。

・条件
ペット可(ネコ)
2階以上
20平米以上

・どうでもいい
築年数
和室
ユニットバス
コンロの数
駅からの距離
間取り

・惹かれる要素(探し始めるまではどうでもいいと思ってた)
ワンルーム
窓が多く日当たりが良い
収納が充実
テラスがある


条件がハッキリしているし無茶を言ってるわけではないので、正直すぐ見つかると思ってました。
しかし、不動産屋さんから「理想が高いというわけではないのですが、合う物件がなかなか……」と言われたり。
それを友達に話したら、「〇〇(わたし)らしいね」と言われたり。

冷蔵庫は無印良品のにしよーって、それだけは決めてるんだけど。

『ビューティフルマインド』の部屋の真似

もうすぐ引っ越します。

映画『ビューティフルマインド』を観てたら、主人公のラッセルクロウの家の窓辺が、普通のカーテンの代わりにブラインド+レースのカーテンという組み合わせでとてもオシャレに見えた。

真似したいな。不便かな……。
部屋側がレースのカーテンで窓側がブラインドです。

All Love Can Be

All Love Can Be

素敵な写真展を観てきた

ヨシダナギさんの写真展に行ったら、とても元気になって、「人生って自由だね」という気持ちになりました。

これは今日でやめよう!と思ったことを、下記に書いておこうと思います。

リスクヘッジを考えすぎる

・全力を出すのを躊躇する
(「報われないかもしれないし」とか「わたしが頑張ることで別の人が得してる」とか思って損した気分になっていた)

・人の反対意見やアドバイスを聞きすぎて、新しい試みを中止する

・「失敗してもいっか」とか思えなくて腰が重い

↑これら全部やめるぞ

そういえば、このあいだ人から「新しいことをはじめようとすると100人中99人は反対するものですよ」と言われたのだった。

心を入れ替えたので、髪の色を黒く染めました。
ヨシダナギさんのエッセイも買ったよ。

本にまつわる恥ずかしかった話と気まずかった話

今日、会うのは2回目の仕事絡みの人に本を貸したのだけど、貸す間際になってから、本じゅうメモだらけなことに気がついた。

カバーをはずした表紙〜裏表紙は耳なし芳一のごとく。

「あぁっ、恥ずかしいですね」とか言いながら表紙を破り取ってカバーをくるりと巻いてハイと渡したら苦笑してた。

中にヘンなこと書いてないといいな。。。

↓その本はコレ

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)


以前も似たようなことがあった。

そのときは、本のなかの何かを批判している箇所に矢印を引っ張って「Aさんみたい」とメモしていた(ひどい)。

その本をAさんの親友・Bさんに貸してしまった。
「Aさんみたい」と書いてたことをすっかり忘れてたのである。

Bさんから返してもらうときに、ニヤニヤしながらそのことを指摘され、気まずかった。

↓その本はコレ

カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話

カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話


本にメモしながら読むのが常なので、安易に「持ってますよ!貸しましょうか!」とか言わない方がいいかもしれないね。

facebookを再開したよ

気をぬくと忘れてしまうfacebook
いいね!がつくとうれしいです。
「毎日投稿しよう」と思っても家に帰ると忘れちゃう。
宣伝ばっかりになってしまい、あとから読み返すとギラギラした人みたいになるよ。


今日も意識低く働いてます。
このジャケット好き。

金星

金星

  • 女王蜂
  • ロック
  • ¥250