小日記

日々のちょっとしたこと

アマゾンプライムの『モダン・ラブ』がすごくよかった

第1話を観終わって、大号泣しました。
アマゾンプライムで配信されているドラマ『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』です。

このドラマは、1話完結のアンソロジー
製作総指揮はジョン・カーニー監督です。

わたしはこのドラマの第1話を観て、「誰かの幸せが自分の幸せ」ということは有り得るし、自分の幸せは自分が決めるものなのだ、と思い知りました。
そして、名前のない関係の愛おしさと尊さに涙しました。

感想をもう少し詳しく書いてみます。
(ちなみに友達と一緒に観たのですが、わたしだけが大号泣しており、友達から「面白くていい話だったけど泣くシーンは無かった」と言われて不思議がられました……)

◆第1話「私の特別なドアマン」のあらすじ

別に普通の友達だった。ただ一方はニューヨークに暮らす独身女性で、もう一方は女が暮らすアパートのドアマンだっただけ。男は門番やボディーガード、時には親友や父親代わりを務めることで女の面倒を見ていたのだ。
アマゾンプライムビデオより)

――ここから第1話のネタバレあり&観ていないと意味が分からないと思われます――

シングルマザーになる決心をしたマギーが、自分の赤ちゃんのエコー写真をグズミンにあげるシーン。
マギーは「何も特別なことではない」というふうに、「4枚あるから1枚あげる」と言って写真をちぎって差し出す。
彼女はグズミンにエコー写真をあげたことなんて、すぐに忘れたと思う。だってそれは何でもないことだったから。

だけど、グズミンがそのエコー写真をずっと大事にとっていたことが最後に分かる。
しかも、グズミンがいつも待機しているアパートのフロントデスクの内側に貼っていたことから、彼は写真を毎日見ていたであろうことが分かる。
毎日目にするということは、毎日思い出しているということだ。
そして、彼のマギーを思う気持ちからすると、毎日彼女の幸せをそっと願っていたんじゃないかと思う。

マギーはNYからLAに栄転し、引っ越した先で結婚する。
グズミンと離れてから、彼女の生き方は大きく変化し、目まぐるしい毎日だったと予想される。
つまり、グズミンを思い出すことは少なかったと思われる。

グズミンが、いつも目に入るところに写真を貼っていることなんて、もちろんマギーは知らない。
グズミンはクールで、冷徹な一面もあるので、そんなことしてるわけない、と思うだろう。

グズミンは、マギーと再び会う5年後も変わらずドアマンで、語られてはいないがおそらく独り身である。
しかし、マギーの幸せを願うグズミンは、決して不幸せとか孤独ではない。
マギーとマギーの娘とグズミンで博物館に行ったとき、3人の表情からそのことが伝わってくる。
これが3人の幸福のかたちなんだ。

「誰かの幸せが自分の幸せ」というのが有り得るということが、この作品のグズミンの存在によって証明されていると思う。
この物語の主人公はグズミンじゃないかな。
成長したのはマギーだけど、大事なことを観客に見せてくれたのはグズミンだったから。
また、マギーが無邪気でいられるのはグズミンがいるからであり、遠く離れてもそれは変わらない。

そんなことを思って、涙が止まらなくなりました。
ファッションもすごく素敵で憧れた〜。真似したい。
すごく良い作品なので、2話以降を視聴するのがもったいない……大事に見ようと思います。

カードゲーム「ラブレター」2人プレイのバリエーションルール

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

2人用のルールを考えてみました。
実際にやってみて良い感じでしたが、カードゲーム初心者なので、提案ぐらいのノリで読んでもらえたら幸いです。

基本ルールは同じです。

★ゲームの準備★
「王」以外の追加カードを全部入れてシャッフルする。
山札の上から1枚のカードを伏せたままとり、脇によける。
さらに山札の上から3枚のカードを引き、山札の脇に公開しておく。
プレイヤーは山札から2枚のカードを引き、手札とする(「大臣」が入っていたらシャッフルして引き直す)。

☆ゲームの手順☆
手番のプレイヤーは、山札の上からカードを1枚引いて手札に加える(「大臣」が出たらシャッフルして引き直す)。
3枚になった手札から1枚を選んで、場に出して公開する。
公開したカードに能力が書かれていたら、その指示に従う。

✳︎カードの効果✳︎
・通常ルールと効果が同じカード
王子、姫、姫(ショート)、女侯爵、伯爵夫人、大臣、僧侶

・通常ルールと効果を変えるカード
姫(眼鏡)……このカードを使って復活したあとは、自分だけ手札1枚(通常ルール)で戦う
将軍……手札を全て交換
魔術師……1枚捨てて、1枚引く(相手に効果を使う場合は、相手のカードを伏せて1枚選ぶ)
騎士……いちばん強い手札1枚を比較
道化……手札を全部見れる
兵士……相手のカードを伏せて1枚選び、カード名1つを宣言。姫を宣言する場合は「姫(眼鏡)」「姫(ショート)」「姫」のうち、どれか選んで宣言する

いかがでしょう??? もしも「やってみたよ」という奇特な方がいらっしゃいましたら、感想を聞かせてくださーい。

最近観た映画7本

8〜9月はあまり映画が観られなかった。忘れないようにメモ。

ロケットマン
面白かった。天才の話って好き……というか、映画のなかの「天才あるある」って好き。
孤独になりがち、酒に溺れがち、などなど。
ボヘミアン・ラプソディ』ともまた違う感じだった。
親友のバーニー・トーピンとのシーンがよき。

『記憶にございません』
三谷幸喜作品のなかでダントツに面白いと思った。
中井貴一の悪い総理が可笑しくて、もっと観たかった。
かつての恩師に教えを請うシーンがなぜか泣けた。

グランド・ブダペスト・ホテル
これはアマゾンプライムで観た。
ちょっと前のウェス・アンダーソンの作品。
映像が完璧にきれい。設定が面白い。
笑えて切ないのがグッとくる。

『ボーダー 二つの世界』※少しネタバレあり
面白かったし、好きな感じだった! すごい話だった。
最初はローランドが嫌なやつかと思ったけど、出てくる人が全員変すぎて、最終的に「いちばん友達になれそうなのはローランドだな……」って思った(笑)
「真実を知ること」について考えさせられた。
知らないほうが幸せなこともある。
だけど、もし自分がティーナだったら。
知らないままそれなりに幸せに生きていくよりも、自分の出生の秘密を知ってすべてに納得して生きていきたい、たとえつらくても、と思うかも。
でもヴォーレには出会いたくないかな……。

『新聞記者』※超ネタバレしてます。
映像が綺麗で演技がすごくいいなと思った。
気になったところがひとつ。
主人公の吉岡の父は、真実を報道した(報道当時は誤報とされた)のちに自殺している。
吉岡は父の思いを継いで、「世の中に真実を伝えたい」と新聞記者になっている。
この映画は、吉岡がようやく掴んだ真実が新聞の一面を飾るところで終わってしまう。
だけど、吉岡にとって本当の戦いは、真実を報道したあとにはじまるんじゃないのかなぁ、と思った。
だって、父親は真実を報道したあとに死んでいるから。
吉岡は、これからはじまる、父と同じ道を辿らないための戦いに勝たなければならない。
父のために父を超えなければいけないのに、それが果たされないまま映画が終わってしまった。
わたしはそれがちょっと気になった。

『ドッグマン』※オチのネタバレありです。
面白かったし怖かった。
主人公にすごくイラついてしまうのに、なぜか嫌いになれない。
そして、映画のなかの気の弱い人って、人殺しがち!

『イエスタデイ』※オチのネタバレありです。
面白かった。主人公とエリーの関係がホントかわいい。
ホテルの屋上で歌う「ヘルプ!」のパンクアレンジがよかった。
あの歌が主人公の気持ちがいちばん乗ってたと思うし、泣いた。
超個人的な感想だけど、最後にエリーに告白するシーンは「ずるい!」と思った。
だってあれって、絶対勝てるケンカみたいなものじゃない?
あと、すべてを丸くおさめるために、ギャビンに余った女をあてがうな!と思った(笑)
過去には『魔法にかけられて』でもナンシーに同じことが起こってたけど、「丸くおさめるために余った男女をくっつける」のは最後にモヤモヤするからやめてほしいよ……!

ヘルプ!

ヘルプ!

『ジョーカー』と『ホテル・ムンバイ』を観て、『つけびの村』を読んだ日

今日は友達と遊ぶ予定だったのだけど、前日に「風邪をひいてしまった」という連絡が。
残念だけど、おかげで、久しぶりに何も予定のない日ができた。
全部自分で自由に時間が使える休日は、人と会うときとはちがう種類のワクワク感がある。

それで、下記の映画2本と、本1冊を途中まで読んだ。

『ホテル・ムンバイ』

2008年11月、インドを代表する五つ星ホテルが500人以上の宿泊客と従業員を人質にテロリストによって占拠された。宿泊客を逃がすために、プロとしての誇りをかけてホテルに残ったホテルマンたち。部屋に取り残された赤ちゃんを救出するため、決死の覚悟で銃弾の中へと向かう父と母。テロリストたちに支配される極限の状況下で、特殊部隊の到着まで数日という過酷な現実を前に、人々の誇りと愛に満ちあふれた脱出劇が描かれる。
(映画.comより)

『ジョーカー』

「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。
(映画.comより)

『つけびの村 噂が5人を殺したのか』

2013年の夏、わずか12人が暮らす山口県の集落で、一夜にして5人の村人が殺害された。
犯人の家に貼られた川柳は〈戦慄の犯行予告〉として世間を騒がせたが……
それらはすべて〈うわさ話〉に過ぎなかった。
気鋭のノンフィクションライターが、ネットとマスコミによって拡散された〈うわさ話〉を一歩ずつ、
ひとつずつ地道に足でつぶし、閉ざされた村をゆく。
〈山口連続殺人放火事件〉の真相解明に挑んだ新世代〈調査ノンフィクション〉に、震えが止まらない!
Amazonより)

食べ合わせが良いんだか悪いんだか……なんだかヘビーな組み合わせになっちゃった。
今日わたしは、人が殺されるシーンをたくさん見たなぁ。

うまく言葉に出来ないのだけど、この3つの作品には通ずるものがある気がする。
『ホテル・ムンバイ』は『ジョーカー』と同じ日に見てしまったせいで、テロリスト側に気持ちが引っ張られてしまう。
テロ首謀者が、現場の実行犯に「奴ら(おそらく富裕層のこと)がお前たちのものを奪ったんだ」とけしかける。
『ジョーカー』のアーサーが抱える貧困や格差、雇用状況の悪化と共通している課題だと思う。
また、『つけびの村』では「孤立」が重要なテーマになっている。
「生きづらさ」や「居場所のなさ」について考えさせられた日だった。

話が変わりますが。
2016年頃から、LGBTや黒人差別など、マイノリティや多様性について扱った映画がすごく増えていると思う。
もうお腹いっぱいだな……とわたしは思ってて、そろそろ次の流行がたぶん来るんじゃないかな。
で、今日『ジョーカー』を観て、こういうのがこれから流行るのかなぁー、という気がした。
社会問題と生きづらさを絡めた感じのやつ。
予感は当たるかな。

↓劇中で流れる音楽がぜーんぶ暗い(笑)

Call Me Joker

Call Me Joker

向田邦子について最近感じたこと

向田邦子の作品を初めて読んだのは、二十歳そこそこの頃だったと思う。
沢木耕太郎の選集に入っていた「ダウト」だった。
当時は特別に面白いと思ったわけでもなく、読書経験も今よりは浅かったので「秀逸だ」と思うでもなく。
ただ、めちゃくちゃ心がざわついた。

すぐに「ダウト」が収録されている『思い出トランプ』を読んだ。
そしたらザワつきの正体が分かった。

それまで読んだり観たりしてきた小説や映画とは違って、出てくる女はみんな狡くて、男はみんな弱かった。
愛とか恋とか友情とか努力とか、そういう世界観の作品とは全然ちがう。
でも、それまで触れてきた作品に対して抱いていた違和感と、自分が生活していて薄々気づいていたことが『思い出トランプ』を読んだことで見事に合致し、「やっぱり女は狡いし男は弱いよね、わかる」と思った。

そして、おじさんおばさんになってもそれは変わらないんだ……と思ってショックを受けた(思い出トランプの主人公の9割は中年なので)。
したたかさは若さ特有のもので、年齢を重ねて世の中を知るうちに、正義感や強さが芽生えてくるものだと漠然と思っていた。だから、ガーンってなった。

先日まで、「向田さんは人があまり好きじゃないのかな」という見方をしていた。
「犬小屋」のカッちゃんは気持ち悪いし、「マンハッタン」の睦男はダサいし、「かわうそ」の厚子は強かおばさんである。
共感し、応援したくなる人がひとりも出てこない。

話がちょっと変わりますが。
わたしは原稿を書く仕事をしているのだけど、基本的には他人に直されても構わないし、気にしない(レポート記事や速報は特に)。
でも、扱っている内容や直され方によっては、うっすらと落ち込むことがたまにある。

そんなときは、『思い出トランプ』の一編をテキストに書き起こしている。
たぶん原稿用紙25枚分とかそのぐらいだと思う。
すると、文章や構成の緻密さ、無駄のなさに惚れ惚れして、自分の原稿なんてどうでもいいししょーもないな……という気持ちになってくる。

で、最近書き起こしをするうちに、やっぱり向田さんは人が好きだったんじゃないかと思うようになってきた。
なんとなく、全編を通して「しょうがないじゃない、だってそれが人間だもの」という空気が流れている気がして。
わたし自身が変わったからそう見えるようになったのか?

そんなことを思ったので、この記事を書いてみた。
また時間が経ったら見え方が変わるのかな。

思い出トランプ (新潮文庫)

思い出トランプ (新潮文庫)

妹にきびしい姉

今日は姉(わたし)の愚痴です。

台風が来た日、昼ぐらいに‪一人暮らしの妹に電話した。‬
‪すると、ハザードマップを知らなくて(だからもちろん見てなくて)絶句してしまった。‬
‪自分の住む地域のハザードマップを確認してないのに、「お風呂に水は張ったよ」とのことで、優先順位を間違えてる感じがしてよけいにアホっぽい。‬
そんなわけで、色々調べてあげて、指示出しをした。
面倒見が悪いわたしを動かす妹、すごい。

数年前、妹が厚生年金と確定拠出年金を混同していたときも絶句したのだった。
そんな姿を見て不安になったわたしは、相談料を渡して、ファイナンシャルプランナーのところに無理やり行かせた。

これがもし他人だったら、全然気にならないしむしろ笑えると思う。
だけど、対象が妹になったとたんにおおらかさを失い、「ハァ?」と思ってきびしくなってしまう。なんでだろう。
あまり人のこと言えないけど、最低限ちゃんとしてくれてたらいいのに、そうじゃないのが信じられないっていうか。
さっきも書いたとおり、わたしは面倒見がよくない。
わたしが面倒見の悪いままでいてもいいように、もう少しだけしっかりしてほしい。

Remember When

Remember When

「そうくるか!」が足りない

「あなた、もしかしてせっかち?」

この日記(好きな映画とか小説とか - 小日記 )のマダム(習い事の先生)に、顔を覗き込まれて言われた。
まだ会って3回、ちゃんと話したのは2回目である。
わたしは喋り方が幼くて人当たりがいいので、「おっとりしている」と思われることが9割なのに。

マダム曰く、
「最初はすっごく丁寧なのに、終わりが見えるとチョンチョンチョンってまとめようとしてない? 完成に向かっててもぐじゃぐじゃ悩んで考えがあっち行ったりこっち行ったりしなきゃ。せっかちじゃダメ」

思い当たることがありすぎる。

むかしの日記にも書いたんだけど、わたしは将棋ができない。
将棋は苦手、振り飛車急戦 - 小日記
たぶん序盤は人並みにできるが、勝ちが見えてくると王手を取りに行こうとして、そればっかりになって負ける。

いま気付いたけど、いままでの恋愛の片思い中もそうだった気がする。
仲良くなるまでは、周囲が呆れるほどタイミングを待てる(というか何もしないだけ)のだ。
しかし、相手の気持ちが見えたなーと思ったら、すぐ告白する。
実際、告白して「〇〇さん、早いよ」と返事をされたこともあるほど……。

考えれば考えるほど、今まで作った本や連載とかもそうだった気がしてくる。
終盤でまとめに入りがち。

でも、「終わりが見えてもまとめに入ろうとしない」って、どうやったらできるんだろう。「まとめない」ってこと?

ひとまず33歳の目標は、「せっかちをやめる」にした。

「あなたに足りないのは、完成前の『そうくるか!』っていう意外さよ」とマダムは言った。
ああ、色んなことに当てはまりすぎる。