小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

Flip it

渋谷での用事を済ませたあと、自分のやるべきこと・タスクの多さにテンパって、なぜか友だちに電話をかけた。

とりあえず夜に会う約束をして、わたしは渋谷から電車で1時間の場所へ仕事の打ち合わせへ。
たぶんそつなくいつも通りに終わったと思う。

そのまま友だちの家の近所まで行って、とりあえず晩ごはんにラーメンを食べた。
そのあとカフェに入り、やることをノートに書き出したら、ちょっと落ち着いた。
その間友だちは、「Flip it」という亀のゲームをしたり、長嶋有の小説を読んだりしてた。


↑動物愛護の精神で、ひっくり返った亀を救出するゲーム。

何かが解決するわけではないけれど、人と会って話すと気が楽になるなぁと思った。
わたし、絶対に一人では生きていけない自信があるぞ。


todoリストを紙に書いたのははじめて。いつもはPCのデスクトップとか、リマインダーとか使ってたので。
1日のうち、8割できたら上出来と思うことに決めた。ポジティブ。


とつぜん会ってくれたお礼に、友だちへ花を買って行ったのだけど、帰宅してから「花瓶もグラスもないからマグカップに飾ったよ」と写メが送られてきた。

寄せ植えっぽく見える。かわいい。

人にやさしく

今日は殺伐としていて怖い顔で仕事をしていたと思う。
頼んでいた書類を受け取るときに、「ありがとうございます」とそっけないトーンで返してしまうなど。

業務がおちついて、受け取ったその書類をようやく確認できた。
昨晩、その人のデスクに書類を置いたときに、「明日この人の作業量多くなるだろうなー」と思った。
それで、用件だけを書けばいいメモに「いつも頼りにさせていただいてます(^-^)」などのメッセージを添えたんだった。

それに対して、「ありがとうございます!頑張りますのでよろしくお願いします」って謙虚なお返事が書いてあるのに気がついた。

「あ」っ となって、お礼をそっけなく言ったことを思い出して後悔。いつも人には優しくいたいのにぃー。
人に優しくいたいから、自分を殺伐とさせるものとの距離を見直すとか、そういうことをしようと思った。

あと、いつもその人を「〇〇(仕事の役割)さん」って呼んでるけど、こんど名前を聞いてみようって思った。

『人生フルーツ』をめぐる引きの強い3人

「『人生フルーツ』という映画が面白いよ」と勧めてくれたAさんと一緒に行った立ち飲み屋。

別の日に、Bさんを誘って2人で行ってきた。
そしたらBさんからも「『人生フルーツ』っていう映画が面白いんですよ」と教えてもらった。

それで、「こりゃー観に行くしかないな」と思っていたら、そこにAさんが偶然あらわれるという奇跡的な夜。

それでわたしは「同じ映画を勧めてくれる2人を偶然引き合わせるなんて、やっぱり自分は引き強いわぁ」と思ったのですが、
Aさんも「おれ引き強いなー」と言っていて、
帰りにBさんも「わたし引きが強いんですよ」と言っていた。

しかもAさんとBさんはご近所さんなのである。
長年仲良くしてくれている2人を偶然紹介できたことがうれしい日でした。

浅草駅徒歩20分のアパートに犬と住む

仕事と税務処理で立て込んでいます。
寝る前の疲れた頭で、賃貸情報をボーッと調べるのがちょうどよく楽しい今日このごろです。

基本的には会社の近くに住みたい派なのですが、会社が都会のど真ん中にあるため、そうすると家賃が大変なことに。
ちょっとずれると六本木、反対側は霞ヶ関。路線検索をしても赤坂、銀座、上野などなど。
そんな感じなので、もはや都内ならどこでもいいわけです。

とはいえ、住んでみたい場所や憧れの地域とかが全然なくて。
10年も同棲やルームシェアをしていて、人と住むのがマンネリしてきたので、また一人暮らししようかな〜とは思っています。

どこに住みたいかを無理やり考えてみたところ、なんとなく浅草がいいような気がしました。
駅から遠いところに、犬とかと住んでみたい。
「どこ住み?」「浅草ー」って会話、なんか良い(あまり共感を得られなそう…)。

吉祥寺、自由が丘、恵比寿、横浜、中目黒、神楽坂、三軒茶屋清澄白河……どこもなんとなく自分にしっくり来ない。遊びに行くのは大好きだけど。

直感で浅草。犬か猫と。
子どもの妄想みたいですが、本気を出せば実現可能なので、自立って素晴らしいなーと思います。

Joy to the world!

Joy to the world!

  • 天才バンド
  • J-Pop
  • ¥250

パリの地下鉄、ヘルシンキの冬

衝動的に、引っ越してネコを飼いたい。
もしくは、どこか遠くに行きたい気分です。


2年前に行ったヨーロッパも北欧も、行ったときはそんなにおもしろくなくて、
友達「どうだった?」
私「んー、ふつう」
友「派手に旅行してそのリアクションかいw」

なんて言われてたのですが、今になってすごく良かった気がしてきました。

フランスの観光は予想通りでふつうだったのですが、ただの移動のための地下鉄が楽しかった。
老若男女に様々な肌の色の人。服装も、モード、トラッド、ストリート、マニッシュなどなどなど。
みんな堂々としているように見え、カッコよくてオシャレだった。

北欧も、寒いなーとか思いながらモコモコ厚着をして美術館を巡ったり街を歩いたりするのが楽しかった。

パリへ地下鉄に乗りに、ヘルシンキの寒い日に散歩をしに、そのためだけに遠くの国まで行きたい気分です。

* * * * *
当時の日記。ヨーロッパ編。

ヨーロッパ鉄道旅行1―オランダ・アムステルダム1日目 - 小日記
ヨーロッパ鉄道旅行2―オランダ・アムステルダム2日目 - 小日記
ヨーロッパ鉄道旅行3―ベルギー・アントワープ1日目 - 小日記
ヨーロッパ鉄道旅行4―ベルギー・ブリュッセル1日目 - 小日記
ヨーロッパ鉄道旅行5―フランス・パリ1日目 - 小日記
ヨーロッパ鉄道旅行6―フランス・パリ2日目 - 小日記


北欧編。
北欧旅行日記1―デンマーク・コペンハーゲン1日目 - 小日記
北欧旅行日記2―デンマーク・コペンハーゲン2日目 - 小日記
北欧旅行日記3―デンマーク・コペンハーゲン3日目 - 小日記
北欧旅行日記4―スウェーデン・ストックホルム1日目 - 小日記
北欧旅行日記5―スウェーデン・ストックホルム2日目 - 小日記
北欧旅行日記6―スウェーデン・ストックホルム3日目 - 小日記
北欧旅行日記7―フィンランド・ヘルシンキ1日目 - 小日記
北欧旅行日記8―フィンランド・ヘルシンキ2日目 - 小日記
北欧旅行日記9―フィンランド・ヘルシンキ3日目 - 小日記
北欧旅行日記10―エストニア・タリン1日目 - 小日記
北欧旅行日記11―エストニア・タリン2日目 - 小日記
北欧旅行日記12―エストニア・タリン3日目 - 小日記

ひとつでじゅうぶんですよ


パンケーキをひとつ選ぶだけでかなり熟考したので、スティーブ・ジョブズマーク・ザッカーバーグがいたら激怒されていたと思います。

ランチとおやつの間に、散歩して行ったネコ神社。

最近外食のときは、いつもなぜか食べ過ぎてしまっていたけれど、この日は食べ過ぎることなく(お酒を飲んでいないというのもありますが)。
お昼はサラダひとつとパスタの大盛りひとつだけを注文してシェアし、パンケーキもひとつだけ頼んでシェアして食べました。
「お腹いっぱい」「ひとつでちょうど良かった」と言われたら自分もお腹いっぱいな気分になり、腹八分目でやめられて、ちょうどいい量を食べて気持ちが良かった。

夕方に帰宅したので、夜に少しランニングしました。

謝罪を受け入れるということ

※真面目な内容になってしまったので、先日行ってきた「そっくり館キサラ」の写真と共にお楽しみ下さい。

先日、「直接お会いしてお詫びさせて下さい」と言われることがあったんですね。

それでわたしは、あんまり気が進まなくて、大変恐縮ながらも断ってしまいました。
わたしが怒ったり悲しんだり、相手が謝ったりしても、何も解決しないと判断したというのもあって。


まねだ聖子さん

で、そのときに、自分が過去に謝罪をしてきた人たちに対して、感謝の気持ちが湧きました。
今までわたしが謝ってきた人たちは、謝罪を受け入れてくれていたんだなぁーと気がついたので。

謝りに行くときって、気が重くて、申し訳ない、気まずい、怒鳴られるかもしれないって自分のことで頭がいっぱいで、そのことに今まで気がつかなかった。
なのに、帰りもまた自分勝手に、肩の荷が下りたような気になっちゃって。直接謝られたら、相手は許すしかないでしょう。何も解決してないのにね。


石田純一さん

そんな考えに至ったので、先日、冒頭の件でやっぱり謝罪を受け入れてきました。
今まで自分がそうしてもらってきたのでね。

しかし、先人たち(?)のようにドーンと構えることができず、なんと泣いてしまいました。
謝罪に行って泣かれるってどういう気持ちなんだろう、、、ビックリされただろうな。。


なぎらさん?

それで、そのときから、「大人になりたくないなぁ」って思っています(30歳)。
大人になったら、色んなことを許していかなくちゃならなそうで。でももう、そっちの立場になりつつあるのかもしれません。