小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

5/13 のんびり

起床して料理。

今日こそ「ル・アーブルの靴磨き」を見に行こうとするも(1週間ぶり2度目)、お風呂に入ったら眠くなり、昼寝。

2〜3時間くらい寝てしまい、
「しまった! また寝てしまった!!」と思ったけど、起きてとりあえず読書。
「ほのぼの劇場」読みました。

ほのぼの劇場 (1) (集英社文庫―コミック版)

ほのぼの劇場 (1) (集英社文庫―コミック版)

ほのぼの劇場 (2) (集英社文庫―コミック版)

ほのぼの劇場 (2) (集英社文庫―コミック版)

ちびまる子ちゃんの単行本に入っていた「ももこのほのぼの劇場」というエッセイ漫画だけを集めた短篇集です。


思い出補正をぬきにしても、すっごく面白かった。
その中の「ひだまりの粒」っていう話が好きで、特にカツにソースをかけるシーンが大好きで、初めて読んでから15年間ずっと覚えてました。

こんなシーンです。

ももこは「山下君がももこの事が好き」というウワサを聞く。それで、今まで意識していなかった山下君のことが頭から離れなくなってしまう。晩ご飯の時にトンカツが出て、ももこはトンカツにソースをドボドボかけ、おねえちゃんに「下品ねえ」と嫌味をいわれる。ももこは、「山下君が、わたしがカツにソースをドボドボかけてしまうことを知ったら幻滅するかなあ」と心配する。

なぜかずっと記憶に残ってました。

夜からスーパーに行って、料理して、就寝。