小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

北欧旅行日記8―フィンランド・ヘルシンキ2日目


昨日までの↓
北欧旅行日記1―デンマーク・コペンハーゲン1日目 - 小日記
北欧旅行日記2―デンマーク・コペンハーゲン2日目 - 小日記
北欧旅行日記3―デンマーク・コペンハーゲン3日目 - 小日記
北欧旅行日記4―スウェーデン・ストックホルム1日目 - 小日記
北欧旅行日記5―スウェーデン・ストックホルム2日目 - 小日記
北欧旅行日記6―スウェーデン・ストックホルム3日目 - 小日記
北欧旅行日記7―フィンランド・ヘルシンキ1日目 - 小日記

7時に起床。曇りの予報だったのに晴れている。

ホテルの朝食。この旅行中いちばんの値段のホテルなだけあって、バイキングが充実していました。
f:id:mihocomiho:20150326154046j:plain


今日も厚着をして外へ。晴れているうちに動物園に行くことにする。

ヘルシンキ中央駅まで歩いて行き、動物園行きの8番乗り場の16番のトラムに乗ろうとする。
運転手さんから乗車券を買おうとしたけれど、クレジットカードは使えないとのこと。駅内の機械ならクレジットカードが使えるらしいので、そこで買うことにする。

しかし、駅の中に入るも、トラムの乗車券はどの機械で買ったらよいかわからない。困っていたら、ツーリストインフォメーションの前に駅員さんっぽい人が立っていたので、教えてもらった。


ヘルシンキトラムのシングルチケットの買い方
この機械だよ↓
f:id:mihocomiho:20150326173120j:plain

1.スタートをタッチ
2.エリアチケットをタッチ
f:id:mihocomiho:20150326173047j:plain

3.シングルチケットをタッチ
f:id:mihocomiho:20150326173053j:plain

4.ヘルシンキトラムをタッチ
f:id:mihocomiho:20150326173057j:plain

5.PAYをタッチ
f:id:mihocomiho:20150326173100j:plain

6.クレジットカードを差し込んで、暗証番号を入力し、OKボタン
7.乗車券とレシートが出て来るので受け取る。


運転手さんから買うと3ユーロ、機械で買うと2.2ユーロなので、少し安い。

トラムで20分ほどで、コルケアサーリ・ヘルシンキ動物園に到着。
f:id:mihocomiho:20150326181817j:plain

死ぬほど寒い。
f:id:mihocomiho:20150326182041j:plain


まずはアムールトラを目指す。
f:id:mihocomiho:20150326184000j:plain
ネコ科のなかで一番大きい種なだけあって、上野動物園スマトラトラよりもずっと大きい。
こっちに来てよ~と念を送っても出てこない……。

そして、アムールトラの向かいには、みんな大好きマヌルネコ
f:id:mihocomiho:20150326184225j:plain
遠くて写真に上手く写らない。中央にボンヤリ見える毛のかたまりがマヌルネコです。
本物を見るのははじめて。図鑑など見たときは、シルバーやグレーっぽい色をしていて神聖な感じがしたのだけど、本物は薄い茶色っぽかった。同じマヌルでも種類がいくつかあるのかな? 神聖さはあまりなく、普通の食肉目って感じだった。

そして、ヨーロッパオオヤマネコがいた!
f:id:mihocomiho:20150326185134j:plain
図鑑で見ていたときは、なんとなく普通のイエネコよりやや大きいぐらいのイメージを勝手に抱いていたのだけど、小さいトラぐらいの大きさでした。
声に反応するので、呼びかけながら撮影をした。「おーい! おーい!」と叫びながら植木に乗り出してシャッターをきる日本人女性を、フィンランド人はどう思って見ていたのだろう……。


その他に……
f:id:mihocomiho:20150326185751j:plain
カラスもいました。

f:id:mihocomiho:20150326185917j:plain
シカ科の何か。

f:id:mihocomiho:20150326190618j:plain
ヨーロッパバイソン。絶滅危惧Ⅱ種なんだね……。

f:id:mihocomiho:20150326191434j:plain
ドキドキしながらヒグマを見に行ったのに、外に出てなかった。

f:id:mihocomiho:20150326192156j:plain
野生絶滅しているシフゾウ。

f:id:mihocomiho:20150326200409j:plain
小さいサル。持っているのはエサのミミズだよ。

f:id:mihocomiho:20150326193737j:plain
目線いただきました。

f:id:mihocomiho:20150326193812j:plain
どうしてこういう顔になったのか、進化って本当に不思議。

f:id:mihocomiho:20150326194159j:plain
おしりのグラデーションがおしゃれ。

f:id:mihocomiho:20150326200528j:plain
エサやりの人に見向きもしないピンクの鳥。
この鳥の檻の外に羽が何枚か落ちていて、飼育員さんに「拾って持って帰って良い?」と聞いたら、「病気になる可能性があるからリスキーなのでやめておけ」っぽいことを言われて止められる。確かに……、残念。

一通り見終わって、お土産を買う。動物園の名前のタグがついたエコバッグ。
f:id:mihocomiho:20150327042201j:plain
これがコルケアサーリ・ヘルシンキ動物園のものだと気付いてくれる人がいたら、もはや運命だよ……すぐに親友になれそう。


ヘルシンキ中央駅に戻るためにトラムを乗ろうとする。そこで、しまった!と気付く。乗車券を買う券売機がない。
運転手さんに尋ねると、乗車券を買うには現金しか使えないと言われる。私がいま持っているのはクレジットカードだけ。バス停のまわりには、両替所どころかコンビニもない。
運転手さんに「降りてから両替して払うので、駅まで乗せていってほしい」とお願いすると、「タダでいいよ」と言ってくれた。
一昨日、ガムラ・スタンの大聖堂にタダで入れてもらったことを思い出し、これ以上旅行者として甘えるのはなんかヤダな~と思う。駅に着いてから「すぐに戻る」と運転手さんに伝え、5000円だけ両替して、バス乗り場に戻った。
しかし、バスはもう出た後でした。

深夜特急』に、確かこんなシーンがあったと思う。
著者の沢木耕太郎が、旅のはじめの頃、「お金ない」と言って貧乏なふりをしているのだけど(ロンドンまで行くことを考えたら本当に貧乏なのですが)、途中で「とはいえ数万円は持ってるんだし」と思って、貧乏な旅行者のふりをやめる場面。
超~うろ覚えですが、それをふと思い出しました。


駅に着いて、食事をするべくマーケット広場に行ってみる。ガイドブックには「露店のカラフルな色彩を目にするだけで心楽しくなるマーケット広場」と書いてあるけれど……
f:id:mihocomiho:20150326213541j:plain
チーン……。きっとシーズンオフなんだ。


屋内のマーケットに入ると、ちゃんとやっていました。おしゃれなお店が多くて楽しい。
スオッパケイティオという有名なスープ屋さんで食事。
f:id:mihocomiho:20150326223036j:plain
f:id:mihocomiho:20150326215209j:plain
すうっごくおいしかった!


そのあと、ウスペンスキー寺院へ。
f:id:mihocomiho:20150326230518j:plain
f:id:mihocomiho:20150326224747j:plain

ヘルシンキ大聖堂にも行きました。
f:id:mihocomiho:20150326233806j:plain
中に子どもがたくさんいた。何か発表会でもあるのかな?
f:id:mihocomiho:20150326233302j:plain


ホテルに戻る途中に、大きいブルドッグ発見。ブサかわのフレンチブルならよく見るけれど、これ、ガチのやつ!
f:id:mihocomiho:20150327003700j:plain
きみ、日本だとソースのシンボルだよ。


コンビニでアイスとコーヒーを買ってホテルに帰る。