小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

日本公開が楽しみな映画11本(2015年1回目)

見たいと思っていたのに、いつのまにか公開が終わっている……というパターンが多いので、備忘録。

6/19公開『グローリー/明日への行進』

グローリー/明日への行進 本予告 - YouTube

1965年3月7日、マーティン・ルーサー・キング・Jrの呼び掛けにより集まった、黒人の有権者登録妨害に抗議するおよそ600名がアラバマ州セルマを出発。だが、デモ行進がいくらも進まないうちに、白人知事は警官隊を動員して彼らを暴力で制圧する。その映像が「血の日曜日」としてアメリカ中に流れたことにより抗議デモはさらに激しさを増し、やがて世界を動かすことになる。
シネマトゥデイより)


6/20公開『ターナー、光に愛を求めて』

映画『ターナー、光に愛を求めて』予告編 - YouTube

18世紀末イギリス、若かりしころからロイヤル・アカデミーで評判だった自由な芸術家のターナーティモシー・スポール)は、インスピレーションを得るために旅に出ることが多かった。また異色の作風から、画壇や観る者に理解されないこともあった。そんなある日、助手を務めていた父親が突然他界してしまい衝撃を受ける。
シネマトゥデイより)


7月上旬公開『フレンチアルプスで起きたこと』

Force Majeure - Official Trailer - YouTube

スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻のエバ、そして娘のヴェラと息子のハリーは、一家そろってフレンチアルプスにスキー旅行にやってくる。しかし、昼食をとっていた最中、目の前で雪崩が発生。幸い大事には至らなかったが、その時に取ったトマスの行動が彼のまとっていた「理想的な家族の父親像」を崩壊させ、妻や子どもたちから反発や不信を買って家族はバラバラになってしまう。
(映画.com)


8/1公開『ベルファスト71』

映画『ベルファスト71』予告編 - YouTube

1971年、アイルランド内戦発生以降混乱が続くベルファストでは、プロテスタント系住民とカトリック系住民の対立が激化していた。そんな中、ベルファストに送られたイギリス軍兵士ゲイリー(ジャック・オコンネル)はトラブルに見舞われ、いつの間にか敵のエリア内で一人になっていることに気が付く。彼は右も左もわからない場所で何とかして生き延びようと知恵を絞る。
シネマトゥデイより)


8/22公開『ナイトクローラー

映画『ナイトクローラー』予告編 - YouTube

ロサンゼルスで起こる事故、犯罪や火事をフリーランサーのジャーナリストとして撮影する社会病質者を描いている。
(Wikipedeiaより)


8/24公開『わたしに会うまでの1600キロ』

映画『わたしに会うまでの1600キロ』予告編 - YouTube

どんなにつらい境遇でも、人生を楽しんでいた母(ダーン)の死に耐えられず、ドラッグと男に溺れていたシェリル(ウィザースプーン)。母が誇りに思ってくれていた自分を取り戻すため、自然歩道パシフィック・クレスト・トレイルをめぐる1600キロの旅に出る。極寒の雪山や、しゃく熱の砂漠に行く手を阻まれながらも、人生を振り返り、シェリルは“本当の自分”と出会うことになる。
(映画.comより)


夏頃公開『WILD TALES』

WILD TALES Official HD Trailer - YouTube

ごく普通の人々が、ひょんなことから人生を狂わせていくさまが描かれた異色作。
シネマトゥデイより)


9月頃公開『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』

A Girl Walks Home Alone at Night (2014) - Official ...

死と絶望に満ちたゴーストタウン、バッドシティに夜ごと現われる黒衣の美少女。バンパイアである彼女は、町で見つけた悪人やホームレスの血を吸って生き続けていた。ある夜、孤独な青年と運命的な出会いを果たした彼女は、次第に彼と心を通わせていくが……。
(映画.comより)


秋頃公開『A MOST VIOLENT YEAR』
A Most Violent Year | Official Teaser Trailer HD | A24 ...

ニューヨーク史上最も犯罪の多かった1981年を舞台に、石油運搬会社を経営する移民者アベルがビジネス拡大を計画するも、石油運搬用トラックが強盗に襲われ、暴力、賄賂、汚職などの問題に直面していく。
シネマトゥデイより)


11/8公開『ザ・ゲスト』
映画「ザ・ゲスト」予告編 - YouTube

ハロウィン間近、ある家庭に戦死した息子の友人という青年デビッドが現れ、人柄も容姿も完璧な彼を一家は快く迎え入れる。デビッドは家庭内の問題を解決するなどし、家族との距離を縮めていくが、徐々にその隠された裏の顔が明らかになっていく。やがて事態は特殊部隊も巻き込んだ壮絶な銃撃戦へと発展。平凡な家庭が一転して戦場と化す。
(映画.comより)


2015年中公開『エクス・マキナ』
『エクス・マキナ(原題:Ex Machina)』予告編(2015年公開) - YouTube
人工知能の話らしい。


◆日本未公開の見たい映画
※説明など間違っていたらスミマセン。

『LIFE ITSELF』
アメリカの映画批評家の人生を描いたドキュメンタリーらしい。

『STARRED UP』
暴力的な少年が刑務所に入り、父親と再会し……という話らしい。

『THE OVERNIGHTERS』
石油によって好景気となった町にやってきた失業者たちを支援する牧師さんのドキュメンタリーらしい。

『APPROPRIATE BEHAVIOR』
イラン人を両親に持つバイセクシャルの女性の話らしい。

『ART AND CRAFT』
ちょっと変わった贋作者のドキュメンタリーらしい。

『THE INTERNET'S OWN BOY』
アーロン・スワーツのドキュメンタリーらしい。

『LOVE IS STRANGE』
ゲイカップルの話らしい。

『THE WRECKING CREW』
60~70年代に活躍したスタジオミュージシャンのドキュメンタリーらしい。

『WHAT WE DO IN THE SHADOWS』
ニュージーランドの映画。吸血鬼のコメディらしい。

『WHITE GOD』
ハンガリーの映画。犬のアクションものらしい。

『GETT: THE TRIAL OF VIVIANE AMSALEM』
イスラエルの映画。離婚についての社会問題を扱った作品らしい。

『GIRLHOOD』
パリの不良少女の話らしい。

ドキュメンタリーって話題作でもあまり日本公開しないよね……。


◆今日見てきた映画
『Mommy/マミー』


Mommy Official International Trailer 1 (2014 ...

15歳の息子スティーヴを育てる、気の強いシングルマザーのダイアン。スティーブはADHD(多動性障害)のため情緒も不安定で、普段は知的で純朴だが、一度スイッチが入ると攻撃的な性格になってしまう。そんな息子との生活に右往左往していたダイアンだが、隣家に住む引きこもりがちな女性教師カイラと親しくなったことから、少しずつ日々に変化が訪れる。精神的ストレスから吃音に苦しみ休職中だったカイラも、スティーブの家庭教師を買って出ることで快方に向かっていくが……。
(映画.comより)

すっごく面白かった!! 状況的に、絶対に悲劇的な未来しか待ち受けていないことが明らかななか、登場人物たちが幸せそうに過ごしていると泣けてくる。カイラがとても良いポジションで大好き。監督は26歳のイケメンなんだよね。


・過去の映画に関する記事
4月に見た映画・舞台・読んだ本・聴いた音楽 - 小日記
2014年度個人的ベスト10 - 小日記
4/21 ブルーは熱い色 - 小日記
4/22 イランと日本 - 小日記