読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小日記

平日は普通のOL、週末は剥製師。日々のちょっとしたことを書いてます。

アルゴリズムが知らないこと

f:id:mihocomiho:20160830200231j:image

先日、友達と冗談半分で盛り上がった話について書きたいと思います。個人的にも少し感じていた内容でもあります。

それは、ネットのレコメンドやキュレーションが、失恋からの立ち直りを阻んでいるということ!

⑴ 失恋から立ち直るために効果的なこととは

基本的に、失恋から立ち直るには、「思い出す回数を減らす」ことが効果的だと思ってます。引きずることを悪いことだとは思っていませんが、早く忘れたいという場合。
結局、何を見ても何をしていても思い出してしまうものなので、「思い出す回数を減らす」ためにできることを、意識的に可能な範囲でやるのがいいのかなと思います。

具体的な例は下記です。
・物を捨てる
・禁酒する
・引っ越す
など。

この立ち直りメソッドを、時には自ら実行しながら、人にも推奨しておりました。

⑵ ネットのレコメンドやキュレーションが、それを阻んでいる件

表題のネットのシステムが「思い出す回数を減らす」を邪魔してると思うのです。

amazonYouTube等で、オススメされたことはありませんか。元恋人と一緒に買ったもの、貸し借りして読んだ作家の新作、2人でハマってたミュージシャンの動画、とか。

また、ニュースサイトやキュレーションメディアなどに出てくる「そんなあなたにオススメの記事」みたいなところで、元恋人関連の情報が勝手に入ってきてしまったことはありませんか。
その人が勤めていた会社や、彼彼女の住んでいた街に関係するニュース、手伝った仕事の何かとか。それに、立場や職種によっては、直接名前や顔写真を目にしてしまうこともありそう。

人間には「好きだから見たくない」っていう場面もあることを、アルゴリズムは知らないよね。
わたしも友人も、アクセス解析の知識が少しあるゆえ、ネットストーキングは怖くてできないのですが(※このブログは解析取ってないのでご安心下さい)、それでも気になる程度にはオススメされてしまいます。なんでわかるの?

しかも、「そんなあなたにオススメ」は、リロードするとすぐに消えて入れ替わる。特にPCから見たYahoo!
目について、「うわ」と思って反射的にウィンドウを閉じて、でもやっぱり気になっちゃって同じページに戻ると消えてる。心を乱して消えていくって、もう、なんなのさ……。

このシステムたちを「きみらちょっとそこ座んなさい」と並ばせてお説教をしたいです。
今までの閲覧データを全部リセットできるとか、その後クローリング対象から外れる(?)とか、何かそういう方法があったら、5000円までなら出せる!