小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

選ぶの苦手

悶々としています。

選択肢が2つ以上あるときに、どれかを選び取るのがすごく苦手だなーということに気が付きました。
どんなにいい選択肢が揃っていたとしても、決めるまでのあいだは鬱々としてしまうのです。

例えば、AとBを比較検討する際。
Aを選ぶことを仮定して考えてみるときに、「Aのデメリット」と「Bのメリット」にばかり意識が行ってしまい、ネガティブになります。Bを仮定して考えるときも同様です。

この件について、身の回りにアンケート(サンプル数2)を取ってみたところ、

「選ぶのって楽しいじゃん」
「どれも等しく良いものだったら、ホクホクしながら考えるけどなぁ」

という意見をいただきました。
そういう考え方のほうが前向きでいい…!私もその方向性で行きたいです。

ただ、これまでの自分の経験では、
・決めたあとは後悔がない
・憑き物が落ちたようにスッキリする
・選ばなかったほうのこと忘れちゃう
という、決まれば割とすんなりその覚悟ができる性格でもあるため、そう思えば少しは気が楽です。

「選ぶことを楽しむ」という発想が自分にはなかったなーと気付いた今日でした。