小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

ベトナム旅行2日目その1/モンキーマウンテン早朝アタック

*昨日までの日記
ベトナム旅行1日目/ダナン1 - 小日記

おはようございます。
f:id:mihocomiho:20180317071137j:plain
朝5時です。
今日はモンキーマウンテンこと「ソンチャ山」に行ってみます。
f:id:mihocomiho:20180317071309j:plain
バイクでね。

ソンチャ山にはアカアシドゥクラングールというきれいなサルがいるのです。目の周りは黄色、胸元はオレンジ、体は黒、足は赤、尻尾や顔周りは白、計5色を持った神秘的なサル。よこはまズーラシアでも見られます。

昨日訪ねたツアーオフィスVitoursにて、「ソンチャ山に行きたい」と伝えると、オフィスの奥のほうからいかにも「野生動物担当」といった感じの化粧っ気のない太った女性があらわれ、本来であれば最小催行人数が2〜3人のところを私一人のために早朝ツアーをアレンジしてくれたのです。
ゆったりとした喋り方で「ドゥクラングールは本当にきれいだよ〜」と話してくれて、気が合いそうだなと思ったのでした。

そして、Vitoursから派遣されて来たのがTさん。この人とも気が合いそうな予感。
Tさんとバイクに二人乗りをして、20分ほどでソンチャ山に到着。

この青々と茂った森の中からサルを探します。
f:id:mihocomiho:20180317083047j:plain

Tさん、めちゃくちゃ探してくれて……
f:id:mihocomiho:20180317080207j:plain

いました!
f:id:mihocomiho:20180317083246j:plain

f:id:mihocomiho:20180317083511j:plain

f:id:mihocomiho:20180317080336j:plain

ファミリーも。
f:id:mihocomiho:20180317083733j:plain

わたしがサルを見ても騒がずに黙々と写真を撮ったり双眼鏡を除いたりしていたせいか、信用してくれて色々話したり探したりしてくれました。
f:id:mihocomiho:20180317082229j:plain

ニホンザルに似たサルもいた。
f:id:mihocomiho:20180317093846j:plain

子ザル、かわいい。枝の先の方まで行って新芽を採って食べていた。
f:id:mihocomiho:20180317093608j:plain

f:id:mihocomiho:20180317093614j:plain
落ちないでよ~。

途中、ベトナムで有名だというカメラマンさんが3人ぐらい現れました。早朝のソンチャ山は野生動物撮影のために来る人が多いみたいです。

ソンチャ山からの景色。
f:id:mihocomiho:20180317094239j:plain

3時間の短いツアーなので、8時には引き上げました。

終わってから、Tさんと食事。
サルを見ながら「お腹すいた〜バインミー(サンドイッチ)食べたい」と言っていたTさん。なので、帰りに「何食べたい?」と聞かれたときに、「バインミーかな」と言ってみた。

で、道中で購入。
f:id:mihocomiho:20180317095007j:plain
Tさん、嬉しそうにしてたので、バインミーが大好きなのかな。

それを持って、ソンチャ山で会ったカメラマンさんの写真が展示されてるカフェへ。
f:id:mihocomiho:20180317095510j:plain

アカアシドゥクラングールの写真は、上手に撮るとこんなふうになります。
f:id:mihocomiho:20180317095352j:plain

f:id:mihocomiho:20180317095411j:plain

食事をしながら、Tさんに「オススメの観光スポットは?」と聞いてみると、「ニンビンの絶滅危惧霊長類救助センター」とのこと。すごいオススメされたし行きたいけど、ここダナンからニンビンは遠いので、車で12時間もかかる……。もし行くならハノイを拠点にしたいところ。
「ダナンで好きなところは?」と聞いてみると、「ソンチャ山以外にない」だって。「ホイアンはどう?」と聞くと「キライ」って……。人が多いのとうるさい観光客がキライらしい。そして自然が大好きみたい。ベトナムの自然保護についての熱い話もたくさん教えてくれた。
それから、「バックマー国立公園に行きたいんだけど、ツアーの最小催行人数に達しなかった。私個人でも行けるものかな?」と相談してみると、「バスがあるから行けるんじゃないかな、国立公園のガイドさんもいるだろうし」とのことだった。昨日ツアーデスクで訪ねてみたら、「山道で迷うから一人で行けないよ」と言われたけど。うーん、迷う。

ホイアンについて。
今回の旅行の前に、ベトナム好きの仕事の先輩から「ホイアンは昔は素敵な古都だったけど今はあまり良くないよ」という情報を聞かされていたので、「ホイアン良くない票」がTさんと先輩からで計2票。
もはや「行かなくてもいっか」という気持ちになっているけど、「そんなにあまり良くないなら今回の旅行で訪れなければ二度と行かないだろうな」と思ってきた。雑誌のFRaUやTransitのベトナム特集でも取り上げられてたし、通好みっぽいオシャレな旅行スポットとして有名なホイアンですから、確認のために行ってみようかな。
HIS渋谷店で航空券を手配したときは、「ホイアンでのんびりしよう」と思っていたのに、まさか「確認のため」に日帰りでサクッと行くことになるとは……。

また、ソンチャ山は、行くだけなら一人でも行けるなーと思いました。
ただ、山には行けてもドゥクラングールの出没スポットが分からない。Tさんは「この木のところによくいるの」とか「おしっこの匂いで分かるのよ」と言っていたし。今日Wi-Fiをレンタルして持って行って、グーグルマップに記録すればよかったかなと思ったが、そもそも電波が入らなそうだ。
時間があったら、一人で花や鳥を見に来るのはアリだなと思いました。

★2日目に行った場所その1
観光:ソンチャ山
食事:路上のバインミー屋さん、Vooc Souvenirs