小日記

ただのOL、たまに社長。日々のちょっとしたこと。

ベトナム旅行2日目その2/確認のためのホイアン

*前回までの旅行日記
ベトナム旅行1日目/ダナン市内観光 - 小日記
ベトナム旅行2日目その1/モンキーマウンテン早朝アタック - 小日記

観光地には、のんびりできる街とそうでない街があると思います。
例えば、渋谷や新宿でのんびりするって難しい。目的がないとヒマになっちゃう。
しかし、上野や吉祥寺ならのんびりできると思うのです。散策のしがいがあるというか。

数年前にモロッコをバスで一周したときに、このことに気が付きました。
ロッコでいちばん大きな観光地・マラケシュに3泊ぐらいする予定でいたのですが、のんびりできなくて結局2泊で移動。逆に、エッサウィラというただ海があるだけの街には、のんびり滞在できたのです。
それで、「長く滞在できる場所かどうかは、観光が盛んであることよりも、のんびりできることが大事」と思いました。

さて今回のホイアン
ガイドブックや人からの情報から、良いところなんだろうとは思いつつも、マラケシュの時のようにのんびりできない予感がしていました。
ホイアンに泊まりたいかどうかは行ってみないとわからない」と思っていたので、今回の旅行では事前のホテル予約はしていませんでした。

ダナンからホイアンへの行き方。
ダナン大聖堂前のバス停からホイアン行きに乗ります。30分~1時間ほどで到着。終点まで乗りっぱなしです。
f:id:mihocomiho:20180317115633j:plain
バスの中はこんな感じ。
f:id:mihocomiho:20180317115730j:plain

11時頃に到着。さっそく散策してみます。
f:id:mihocomiho:20180317131621j:plain
f:id:mihocomiho:20180317131958j:plain
f:id:mihocomiho:20180317150454j:plain
f:id:mihocomiho:20180317151121j:plain
f:id:mihocomiho:20180317151408j:plain
f:id:mihocomiho:20180317152746j:plain
f:id:mihocomiho:20180317153136j:plain

こちらは日本橋(来遠橋)の入り口。
f:id:mihocomiho:20180317151556j:plain

ホイアン市場。
f:id:mihocomiho:20180317155741j:plain

「カーゴ・クラブ」というカフェでケーキを食べました。
f:id:mihocomiho:20180317134000j:plain

来てみた印象。
マラケシュほど賑やかじゃないけど、インドのリシュケシュ、もしくはタイのプーケットぽかったです。
どういうことかというと、現地の人があまりいなくて、街を歩いている人はほとんど旅行客。そして、韓国人や中国人よりも、ヨーロッパやアメリカなどからの旅行客が多い感じです。

世界遺産には「ホイアンの古い町並み」として登録されてますが、古都感はあまり無かったです。そこに期待するとガッカリするかもしれませんが、賑わっていたため「観光地に来たぞ」って感じがして楽しくはあります。
ふと疑問に思ったのが、世界遺産に登録された後にうまく維持できなかった場合、取り消されたりすることってあるんでしょうか。

いちばんテンションが上がったのが、お土産屋さんで見つけたこれ。
f:id:mihocomiho:20180318000536j:plain
ジブリのキャラクターをミュシャ風に描いたマグネット。
おそらく著作権法違反……買ってしまってごめんなさい。でも上手。

ちょうちんのライトアップがきれいという噂なので、夜まで滞在しようと思ってましたが、特に行きたいところがなくて既に時間を持て余してしまったので、帰ることにします。

夕食は、ホテルの近くの食堂で食べました。「Dac san Hoang Tin」という店。
f:id:mihocomiho:20180317203203j:plain
見た目は不思議だけどおいしかった!

土日の夜は、ロン橋にあしらわれているドラゴンのオブジェが火を吹く日です。
f:id:mihocomiho:20180317225740j:plain
毎週行われているとはいえ、「火を吹く」という一大イベントの割に、集まっている人の数が少ない気がします。
ハン川には電飾のついた船がたくさん。大きさが全く違うけど、ちょっと道頓堀のようでもあります。
f:id:mihocomiho:20180317225222j:plain
そして、いよいよ、火を吹く時間!
f:id:mihocomiho:20180317225711j:plain
あれ? もしかして、しょぼい……?
近くで見たらすごいのかもしれないけど、ちょっと期待外れでした。
f:id:mihocomiho:20180317230035j:plain
水も吹いてました。しょぼいい感じで面白かったです。

見終わったあと、賑わっていたお店があったので入ってみます。「Quan Nuoc dua 196」。
f:id:mihocomiho:20180317230747j:plain
どれが何なのかよくわからないので、メニューの一番上に書かれてたオススメっぽいものを注文。
ココナッツジュースでした。
f:id:mihocomiho:20180317231222j:plain
f:id:mihocomiho:20180317232743j:plain
飲み終わると割ってくれて、中が食べられます。美味しかった。

ホテルはHappy Day Hotelに連泊。
夜にWiFiに接続すると、今朝ソンチャ山に一緒に行ったTさんからメッセージが入っていました。
なんと、Tさんがバックマー国立公園のレンジャーへ直々に連絡を取ってくれたそう。それで、私がバックマーに行けるように、ドライバーからガイドまで全て手配してくれるというのです。さらに、国立公園内のホテルに泊まれるようにしてくれるとのこと。すごい。
昨日行ったツアーオフィスでは、最少催行人数に達しないためバックマー国立公園に行くツアーを組んでもらえませんでした。それでがっかりしていたところだったので、とてもうれしい。興奮して「プランも費用も全部OK!」と即レスしました。

★2日目に行った場所その2
ホテル:Happy Day Hotel
観光:ホイアンの古い町並み、ロン橋
食事:カーゴ・クラブ、Dac san Hoang Tin、Quan Nuoc dua 196

✳︎他の旅行関連の記事もどうぞ→ 旅行 カテゴリーの記事一覧 - 小日記